電車オタク





電車オタクの憧れの電車って?


僕の場合、乗り物がとにかく好きで、
電車だけに留まらず、昔からNASAにも憧れていました。

そんなNASAが開発をあきらめたという商品開発を
成功させた日本の会社があるというの知っていましたか!?

それはspiber(スパイバー)という山形県の繊維企業です。

昨年から事業がさらに拡大し、今年は上場間違いなしらしいので、
一獲千金を狙っている人は要注目です!

話がNASAへと大きくなってしまいましたが、
電車オタクの場合、 それぞれ好みや憧れは異なり、
どの電車が特に憧れなのかという事は特定しにくいものです。

車両自体に興味がある人ばかりではなく、
音であったり、車窓であったり、旅であったり、
模型として見栄えがするものであったりと
求めるものは様々です。

しかし、共通していえることは
昔の思い出など自分なりのエピソードがある電車に
あこがれを抱くことが多いということです。

電車オタクの全体的な傾向として
憧れを抱きやすいのが、現在使われなくなった電車です。

今乗れないという事が彼らの中で価値が高くなるのです。
都会で使われなくなった古い車両が地方や外国で使われていることもあり、
そういった車両に会いに行くために旅行をする電車オタクもいるほどです。

鉄道関係の博物館などで飾られている古いものに興味を持つ方も多いです。
一時的に古い車両を復活させるときなどは多くの人が訪れます。

電車オタクというと最新のものに興味を持つと思われがちですが、
意外と昔の車両などに懐かしさや憧れを感じていることが多いものです。

目新しさだけを優先するのではなく、
これまでのもの、使われなくなったものに注目していくことも、
電車オタクの集客のためには役立つポイントとなるのではないでしょうか。





 




必須アイテムカメラ

乗りたいのか?撮りたいのか?

電車オタクのマナー

電車オタクの憧れの電車って?


 

©2016 電車オタクの生態 All rights reserved.