電車オタク





電車オタクのマナー


ニュースを賑わせる頻度が高い話題の一つには、
電車オタクのマナーも含まれます。

電車があるところに必ずといっていいほど存在する彼らは、
しばしばマナーに反した行動を取ります。
たとえば、駅のホームに電車が侵入しているにもかかわらず、
プラットフォームと線路を隔てる段差付近に陣取って写真撮影を行うことです。
一歩間違えば電車オタクが大怪我してしまいかねない行為なので、
マナーが良いとは言えません。
電車2

こうした光景がしばしばニュースで取り上げられるので、
電車オタクのマナーに大衆が苦言を呈するようになります。

電車オタクがマナーに反した行動を取りやすいのは、
全国各地に撮影スポットがあるからです。
山間部や都市部に張り巡らされたレールの上を走る電車は、
ニュースの話題の一部になろうとも
、 気にしないで被写体にしてしまうと考えられます。

電車オタクたちからしてみれば、
そこに電車が存在するからマナー違反をするのであって
ニュース内で苦言を呈されるのはお門違いと感じています。

もしも世の中に電車が一台も走っていなければ
電車オタクは登場しないと言えるので、
彼らは現代社会が生み出した文化人であるというわけです。

その行動原理を理解できない大衆が多いからこそ、
電車オタクの振る舞いがニュースになります。

先ほど電車オタクたちを文化人と称しましたが、
彼らのなかには、秀才が多く有名企業で働く方も多いようですね。
頭が良いってだけでなく、何かに情熱を傾けることが、成功の秘訣でしょうか?

余談ですが、有名企業と言うと、日本IBMが上場するとかしないとか
。 私、株式投資もやっていますので、ちょっと気になります。
話がそれてすいません。
でも、もし上場するなら、日本IBM株は買いですね。

電車オタクの中には日本IBMの社員の方もいるかもしれませんね。





 




必須アイテムカメラ

乗りたいのか?撮りたいのか?

電車オタクのマナー

電車オタクの憧れの電車って?


 

©2016 電車オタクの生態 All rights reserved.